アレックス男爵のヨーロッパ滞在

海外10ヵ国在住で万年駐在員の日記

スペインの古都トレドは、旧市街をパラドールから見渡すのが一番

トレドに行ってきました。トレドは、キリスト・イスラム・ユダヤ教徒間の交流により独特の町並みや建築が見られるマドリッド近郊からのお勧めの場所です。

 

トレドで抑えるべき見どころ3点:

1)パラドールから見た旧市街

2)トレド大聖堂カテドラル

3)エル・グレコの絵画

 

ユネスコ世界遺産にも登録されている旧市街、他にも沢山見どころありますが、特にトレドのパラドール(ホテル)からみた町並みが一番感動して綺麗でした。

 

パラドールは宿泊しなくて、ただ素通りするだけでも可能です。

 

時間があれば是非パラドールに宿泊、もしくは、カフェか一杯飲んで時間が止まったような街並みをのんびりと眺めてください。そんなゆったりした時間の過ごし方が、この地に本当にあっていますから。

 

あとは、旧市街に出向いてスペインのカトリックの総本山であるカテドラルとエル・グレコの有名作品は必見です。

 

トレド旧市街はとっても小さいので、徒歩で半日もあれば十分観光できます。

 

f:id:Alex-d:20190311004158j:plain

パラドールのテラスからの眺め

 

f:id:Alex-d:20190311004405j:plain

 旧市街ビューの客室を選ぶと部屋のテラスから美しい旧市街を眺めることができます。

 

f:id:Alex-d:20190311004300j:plain

このようにパラドールは客室のテラスがずっと続いています。

 

f:id:Alex-d:20190311004314j:plain

カテドラル内、エル・グレコの絵画。

 

f:id:Alex-d:20190311004328j:plain

旧市街の眺めはやっぱり素晴らしい。

 

f:id:Alex-d:20190311004340j:plain

アラブ統治時代の窓枠。旧市街では、あちこちでアラブ文化の名残りが。

 

f:id:Alex-d:20190311004347j:plain

ここはユダヤ教のシナゴーグ。ここもアラブ文化とミックスした素晴らしい建築。

 

f:id:Alex-d:20190311004400j:plain

何度も言うお勧めの景色。トレドは、はっきりいって、旧市街の中に入ってしまうより旧市街を丘から見たのが一番綺麗。